学校法人 大川学園
学校法人 大川学園
各校の詳細はこちら


津南ロータリークラブ

社団法人 三重県私立幼稚園協会

社団法人 三重県レクリエーション協会

斎宮歴史博物館

三重ふるさと新聞

やまもとようこのマクロビーノライフ

三重ブランド

園コミュGift*momo

« 津市の水難事故を著した『死の海』を出版 | トップページ | “日本健康会議in三重” »

白馬岳を眺める旅

令和元年8月10日から14日まで、栂池から入り白馬大池経由で白馬岳、その後大雪渓を降って白馬温泉に浸かろうと、出発10日前にJRも山小屋も予約した。だが3日前になって、登山に対しドクターストップがかかった。7月28日のサイクリングで、自らの身体をわきまえず幾分にも無理をしすぎた結果のようだ。一瞬迷ったが、栂池の“丘の上ホテル宮川”で2泊がとれたので、最終の“白馬ロイヤル”を2泊とし出掛けた。

天候に恵まれ、栂池ゴンドラで標高1,829㍍まで上がり、自然公園を散策した。いつもは登山の出発点ゆえ横目で見て知ってはいたが、歩いてみてスケールの大きさに驚いた。浮島湿原近くの銀命水で冷たい沢水を飲んで、途中だが引き返した。高低差はあまり無いが4㎞ほどで、山歩き気分は満喫できた。

白馬に移って、ここではチェックアウトが10時と聞き、最終日に荷物を預けて9時半にホテルを出、ゴンドラとリフトで標高1,850㍍の八方池山荘まで上がった。時間がかなり余っていたため、標高2,035㍍の八方ケルンを経て八方池まで、片道1.3㎞ほどをゆったり散策した。標高の高い白馬の山々はガスで隠れていたが、一瞬、白馬鑓の穂先が顔を出してくれた。ゴンドラを降り、帰りに諏訪神社近くの蕎麦屋に立ち寄った。“むらかみ”だったか、列車で帰る直前になんとも美味しいそばにありつけた。

P8111048_20190823100401 P8131059_20190823100501 P8141065_20190823100501 P8141066_20190823100501

|

« 津市の水難事故を著した『死の海』を出版 | トップページ | “日本健康会議in三重” »