学校法人 大川学園
学校法人 大川学園
各校の詳細はこちら


津南ロータリークラブ

社団法人 三重県私立幼稚園協会

社団法人 三重県レクリエーション協会

斎宮歴史博物館

三重ふるさと新聞

やまもとようこのマクロビーノライフ

三重ブランド

園コミュGift*momo

« 橋南中学校で職業講話 | トップページ | 6回目の中学校同窓会 »

私たちのふるさとの山、経ヶ峰に集う

 

 6月22日、上記の見出しの呼びかけに、賛同した山仲間が山頂小屋に集合した。鈴鹿山岳会の仲間27人(写真左)は笹子ルート経由で登ってきてくれた。津ラ・ネージュ山岳会は穴倉ルート、三重かもしかクラブは細野ルート、経ヶ峰を愛する会は平尾ルートで、総計72名(写真右)となった。目的は、津市内の多くの小中学校に限らず高等学校でも校歌に歌われているこの山、子どもたちはこの山を眺めて大きくなった。ここに高さ150㍍(青山高原は100㍍もの)の風車設置企画が突然出て、故郷の山の景観を壊すことに危機感を覚えて集まったのだ。

P6220959 P6220965

 最初の呼びかけ人は、この山に80回ほど登っている地元の方である。山頂山小屋前で行われた説明では、昨年9月に役場で風車の話を聞いたことに端を発したとのこと。アメリカ資本のJFE関連会社が、グリーンパワーインベストメントと言う企業を経てこの山の500㍍以上のところに、高さ150㍍の風車24基の設置を計画しているとのこと。住民への説明会は、1時間企業が話し、1時間質問の時間を設けて打ち切ったとのこと。撤回要望書の署名は、市長と知事に提出した5月18日現在で12,672名とのこと。今も署名名簿が届くと言う。風車に反対でなく、心の故郷としての景観保全の環境問題である。雨上がりで、緑が映える樹林、カッコウと鶯、他の小鳥たちが鳴く中で、発起人の説明を聞いた。

|

« 橋南中学校で職業講話 | トップページ | 6回目の中学校同窓会 »