学校法人 大川学園
学校法人 大川学園
各校の詳細はこちら


津南ロータリークラブ

社団法人 三重県私立幼稚園協会

社団法人 三重県レクリエーション協会

斎宮歴史博物館

三重ふるさと新聞

やまもとようこのマクロビーノライフ

三重ブランド

園コミュGift*momo

東海テレビ文化賞をいただく

 11月15日(火)、‟第54回東海テレビ文化賞”受賞式が局本社で催された。受賞者は、岐阜県から東京芸術大学学長で岐阜県立美術館館長の日比野克彦先生、愛知県から尺八奏者で人間国宝の野村峰山師、三重県からは私、団体では日本口唇口蓋裂協会である。東海テレビ放送の小島浩資社長から、一人ひとりに文化賞が手渡された。

20221115_105922

 大川学園での2園の幼稚園や2分野の専門学校及び各種文化事業、そして社会福祉法人の2保育園や元気な高齢者が教養を高め元気維持で利用する老人福祉センターを経営してきた。その一方で、時間を見つけて次の世代の人たちに三重県の消えゆく文化事象を調べ、次世代に継承するため、県内や全国に出来る限り発信することに情熱を燃やしてきた。この間好きな登山も続けていたため、365日ゆったり過ごす日はなかった。しかし、それが多くの仲間を得、法人経営のモチベーションを支える原動力になっていた。

 令和に入ってのこの3年間、‟三重県文化大賞”に始まり、国から‟地方文化功労者表彰”、そして今回の54年間の伝統と権威ある民間文化事業体から認められたことは誉であり、素直に嬉しい。さて、東海テレビ本社での式典に続き、東急ホテルに席を移して懇親会も開いていただいた。今回の催しは、翌16日の11時から東海テレビで個々人の日々の活動も含めて番組を作成し、放映していただいた。

20221116_194441 20221116_194512 20221116_194253 20221107_110837

 

|

久しぶりの伊勢詣で

 東京でファッションブランド系会社に勤めている孫娘が、4日間休みが取れたと遊びに来た。久しぶりに伊勢神宮に参拝したいとのことで一緒に出掛けた。宮川の手洗い場からの対岸には秋が訪れつつあり、爽やかな景観である。

 瀧祭神にお参りをし、参道と五十鈴川の間にある小道から風日祈宮への橋に出る。神楽殿にお祓いの申込をし、待ち時間に本殿を参拝する。待合室ではモニターから神宮関連映像が流れており…今日は私の足の関係で端折ったが、外宮遷宮時に服部幸應先生と特別席で体感させていただいたことを思い出す。

20221105_101408 20221105_100350

 参拝を終え“おはらい町”を望むと、大勢の人。時間もあるので賢島まで足を延ばし、志摩観光ホテルの“ラ・メール”に入る。輝く英虞湾を眺めながら孫娘と話題の尽きない至福のひと時を過ごす。

 この孫娘は幼い頃から服飾に関わる仕事がしたいとの夢を持ち、服飾系大学で学び、憧れの会社に就職…早いものでもう7年を経た。「何時も基本の基本を今一瞬一瞬の積み重ねで確実に力を増す以外に、専門職の道は開けない」と…爺ちゃん、余分な話まで次々しているとハッと気づき、笑ってごまかす。私にとってずいぶん久しい楽しい外出となった。

20221105_144134

|

刀根大士先生が県立美術館で絵画の個展

 10月26日(水)から30日(日)まで、県立美術館県民ホールで、我が調理師科製菓講師の刀根先生が個展を催されている。お花もお菓子も持っていけない場所だけに、初日の9時半開館と同時に訪れた。絵画は40年前から始められた本格派だが、墨で文章を書かれても芸術的センスがにじみ出る方である。

 朝から楽しみで出掛けたが、すでに幾人もの方が来館されていた。50人ぐらいのグループ展をされるスペースだが、従来のものはなく、新たな作品ばかりである。私は上高地のカラ松林の紅葉を描いた絵と、知恩院の裏の方と聞く階段下からの門への作品が、描き方もこじんまりさも含め好きになった。

 大作では、冬の富士山の大沢を望んだ絵。もう一枚は、春山の帰りの朝に富山電鉄の途中の駅で下車して眺めたことを思い起こす、田園地帯の向こうの剣・立山連峰の雪化粧の絵が、私の感性にそして思い出にピッタリきた。海外で描かれた作品も魅かれる作品にであえた。部屋の中央にはさまざまな素描写の画集が幾冊も置かれている。訪れた方々それぞれに響く作品に出会えるな!と感じた絵画展であった。

P1010072

|

“懐かしい味”津駅東口のキッチンカー

 翌21日(金)には、安濃町にある“レストラン ランセン”のキッチンカーを見かけた。本店は、安濃川に掛かる曽根橋の近くで、体調を崩してからはご無沙汰だが、幼稚園の“安濃の里山オズ”に整備に行くと必ず立ち寄っていた。私はここのビーフシチューが好き…若いカップルに好評なのはハンバーグ系だ。

 ここにも随分前から調理師科卒業生がお世話になっている。今日は、ロコモコとハンバーグサンドイッチを買った。

P1010005

|

調理卒業生が津駅東口でキッチンカー

 令和4年10月19日から12日間の日替わりキッチンカーが開店。これは国県市が企画の社会実験で、歩行者の賑わい創出検証で企画された催しに参加したものだった。その中で、9年前の三重調理専門学校卒業生山下麻央さんが、「だし巻きバーガー」をキッチンカー“キッチン クラッフェ”で販売している。メニューは基本のだし巻きバーガーに3種チーズのだし巻きバーガー、そして季節の具材を楽しむ限定バーガー。そのほかにもビネガードリンクや手づくりコーンスープ等もある。この事業での次回の販売は10月26日と同28日。

 明るさいっぱいの若い女性だが、今日的パワフルな感性と決断力の素晴らしさで、自分の店を持つという自らが決めた道を着実に実行に移している。昨年中日新聞にも紹介され、現在に生きる若者の浮つきのない実行力の素晴らしさを感じさせてもらい嬉しかった。

Dsc01154 Dsc01155 Line_oa_chat_221019_114838

|

親子ふれあい参観

 10月15日(土)、津西幼稚園では年少児の各クラスを半々に分け、2タームの親子ふれあい参観である。親御さんを園児はこの間独り占め出来る最高に嬉しい時間で、どの子も表情やしぐさにそれが感じられて微笑ましい。

 まずはクラスでのぺアー遊び、のち園庭内のぼくらのお山に入って秋色の落ち葉集め。嬉しそうに落ち葉の入った箱を持ち帰り、各クラスで丸や四角そして三角に切り抜かれた黒の画用紙に、セロハンテープで形や柄を考えながら貼り付けて、葉っぱのステンドグラス作りである。まだ紅葉には早すぎたお山だが、どの子も実に見事に完成し、お家の方と満面の笑顔でその美しさを堪能していた。色と繊維の出し方は実に見事とこそ言いようがない。

 子どもたちは家に帰って部屋に飾り、今日の楽しさをいつまでも思い起こすことだろう。

Dsn_0170 Dsc_0299 Img_0115


 

|

秋!…三か所の園児たちの伸びやかな姿

 令和4年10月8日(土)は少し寒かったが天候に恵まれ、久居保育園の運動会が催された。プログラムには「雨天時…9日(日)10日(月)15日(土)16日(日)」と記され、何としても園児の心を反映させたい思いがこもっていた。普段忙しいご家族の方々に、保育での成長を見てもらいたい園児の気持ちを、教員たちが代弁の日程組みである。午前中、2部制で催された。

 低学齢(0~2歳児)の中にはせっかくの保護者との時間を一緒にいたいと姿を見て泣く子もいる。その後に開かれた3~5歳児は全員自分の成長した姿を誇らしげに楽しむ表現で、最高の笑顔によるパフォーマンスである。5歳児のCD鼓隊に始まり…4歳児の“パラバルーン「友よ!!」”では見事に自分たちで作った色紙のバラを宙に舞い上がらせた。園児最後の種目は5歳児の組体操とよさこいを組み込んだ“スーパーマリオブラザーズ”と“お江戸はカーニバル”で、満面の笑顔と見事な演舞で披露してくれた。制限無きご家族の方々の参加で、笑顔・笑顔も実に素晴らしかった。

Pa083334 Pa083343 Pa083349

 翌9日(日)、3年ぶりの“津まつり”に、大川幼稚園と津西幼稚園の年長児が参加した。私はフェニックス通りの津商工会議所会場に出向いた。まずは大川幼稚園の鼓笛隊演奏。今日はお客さんの前での初披露で、2日前2階の運動場で音合わせの園内練習の様子をカメラに収めたばかりであったが、多くのお客さんの前での園児の皆の演奏は実に堂々と見事であった。続いての出演は津西幼稚園…“津西ゲンキKIDS Mujaki”である。こちらは先般の運動会でご家族の方々に一度披露しただけあって自信に満ち、グンと成長した姿を見せてくれた。子どもたちから元気と笑顔をもらった素敵な2日間であった。

Pa063323 Pa093371 Pa093372

|

年少児は園庭で芋ほり

 令和4年9月29日(木)、今日は大川幼稚園の芋ほり。年長児と年中児は経ケ峰麓の“安濃の畑”で、春に苗を自分たちで植え、成長した芋を掘りにバスで向かい、年少児は、園庭の畑に苗を植えた芋ほりと別れた。私は、年少児の様子を見に運動場へ…。先生が差し出した、長ーい芋の蔓とお芋の話を聞き、さっそく10人ずつに分かれての芋ほり体験。「わー、大きい、こんなに大きい」と、立ち上がって芋を見せるキラキラ光った目。次に畑に入る園児も自分事のように目を輝かせているのが印象的だった。この畑、年少児のあとで、2歳児の幼児舎も芋ほり体験をすると聞く。そして年中・年長児たちは、200坪の安濃の畑でもっと輝いての芋ほり遠足…天候もよし。安濃中央公園でお弁当を食べ、満足、満足で帰ってくるだろう。

P9293317

|

おじいちゃん・おばあちゃんも一緒の運動会

 9月25日(日)晴天の下、津西幼稚園の運動会が開かれた。特に今年の年長児は、コロナのため入園式には親御さんお1人のみの参加、しかも運動場で催しただけに、この運動会には同伴者の人数制限なく大勢にお越しいただくことが出来て感無量であった。しかも最高の運動会日和。年少・年中児クラスは午前に2部制で、年長児は午後の開催であった。

P9253278

 年長児の部では、3曲のオープニング鼓笛演奏後に開会式。準備体操に続いて新調の衣装をまとってのよさこい“津西ゲンキKIDS Mujaki”。続いてクラス全員が参加の対抗リレーは、ご家族の方々の応援が園児たち以上に盛り上がり大盛況。そして最後は笑顔と笑顔での親子ダンス。機材や万国旗等片付けはご参加の皆さん全員にご協力いただけたため、あっという間に片付き無事終了することが出来た。どのご家庭も笑顔で帰路についていただき、きっと夕食時にはこの運動会の話題で楽しいひとときを過ごしていただくことだろうと、嬉しく思った。

P9253285 P9253297  

 準備や当日の手配に全力と細心の注意をはかってくれた“津西幼稚園本日の教職員スタッフ”記念写真。

P9253279

|

4人が集まっての楽しい激論

 加齢と身体故障の二重の“衰苦”にあっても、今できることを充実させながら生きている、刺激しあえる仲間がいる。その1人から先般「お互い、禍根なき人生愉快ゆえ、志田さん(元三重テレビ社長)も交えて久しぶりに集まってご飯でも食べないか」と、…自らの集大成のような出版物『西久遣文』を出した西田さんから提案があった。5年前だったか、私の提案で、西田さんの退院祝いを兼ねて心身共に元気すぎる志田さんにも声がけして集まったことからの逆仕掛けである。場所は私に一任ゆえ、以前と同じ津駅東口前の“伊勢門”ということにした。3人のほか、三重テレビニュースコメンテーターでこの日に津に見えるならと、三重中京大学名誉教授浜谷先生にも声がけした。

 9月15日、浜谷教授はテレビが終わってからの合流となったが、4人とも時代に厳しい意見を持つ人ばかり。一方で郷土三重をこよなく愛し、またそれぞれがこの地で成すべき課題をもって生きているゆえ、食べるか話すかどちらかにならないかと思うほど弾む。しかしこの内3人は酒が飲めないのに、女将のさまざまな配慮ある段取りもあって、実に楽しいひと時が過ごせた。

P9153242

|

«嬉しい三冊の寄贈図書